研究室名称

信州大学人文学部文化情報論・社会学コース 文化情報論領域
佐藤広英研究室(情報コミュニケーション学)
・情報コミュニケーション(インターネット,テレビ,ゲーム,広告 etc.)の特徴や影響過程を社会心理学的に研究・分析する
・広義の情報コミュニケーションとして,個人内過程や対人・集団関係等の社会心理学領域も扱う
・情報コミュニケーションの研究と実践を通して,情報活用能力の育成をめざす

メンバー

4年生
園原:観光動画に関する研究(ゼミ長)
五十嵐:ターゲティング広告に関する研究
紺野:SNS上のトラストに関する研究
武田:攻撃的な演出を含むお笑いに関する研究
木下:マッチングアプリに関する研究
3年生
根本:ソーシャルゲームへの課金に関する研究
宮本:古着のリサイクル行動に関する研究
行待:観光情報発信に関する研究
和田:物語説得に関する研究

卒業生

2021年度卒業
大嶺:eスポーツに関する心理学的研究
森田:広告における情報の中断に関する心理学的研究
2020年度卒業
八重樫:他者の存在が笑いの伝染に及ぼす影響
太田:男性同性愛者への態度に関する研究
勅使川原:会話相手のスマートフォン使用に関する心理学的研究
村上:かわいい写真を投稿することの心理的効用
薄葉:援助行動に対する意図の認知に関する研究
2019年度卒業
村松:自虐広告に関する心理学的研究
宇治:自撮りを盛ることの心理的効用に関する研究
今野:写真に基づく都市イメージに関する心理学的研究
皿井:集団におけるうわさの伝達に関する研究
2018年度卒業
坂本:歩きスマホ行動に影響を及ぼす要因の検討
前川:スマートフォン向けゲームへの課金行動に関する心理学研究
2017年度卒業
田中日:対人関係における自動的な印象操作に関する研究
黒江:世代間コミュニケーションにおけるステレオタイプとメタステレオタイプに関する研究
田中香:電子コミックに関する心理学的研究
宮脇:SNS上における対人ストレスコーピングが精神的健康に与える影響
2016年度卒業
清水:青年期の愛着スタイルが自己呈示に与える影響
榑松:対人葛藤後の悪口の使用に関する研究
2015年度卒業
唐澤:リーダーのユーモアがフォロワーのパフォーマンスおよび満足度に与える影響
長崎:Twitterにおける情報共有行動に関する研究
小熊:言い訳の有効性に関する心理学的研究
植松:対面状況でのインターネットスラングの使用が話者への印象に与える影響
松島:観光ポスター上のフォントに関する心理学的研究
2014年度卒業
有賀:SNSにおける対人魅力:Facebook利用の観点から
矢島:SNS上における対人ストレス
山本:SNSの使い分けに関する研究:心理的・道具的機能の観点から

表彰

2021年度信州大学人文学部卒業論文優秀賞(学部長賞)受賞
大嶺一真:eスポーツに関する心理学的研究
2020年度信州大学人文学部卒業論文優秀賞(学部長賞)受賞
八重樫さつき:他者の存在が笑いの伝染に及ぼす影響
2019年度信州大学人文学部卒業論文優秀賞(学部長賞)受賞
村松佳奈:自虐広告に関する心理学的研究
2018年度信州大学人文学部卒業論文優秀賞(学部長賞)受賞
坂本彩:歩きスマホ行動に影響を及ぼす要因の検討
2017年度信州大学人文学部卒業論文優秀賞(学部長賞)受賞
田中日奈子:対人関係における自動的な印象操作に関する研究
2015年度第31回電気通信普及財団賞テレコム社会科学学生賞 入賞
矢島玲:SNS上における対人ストレス
2015年度信州大学人文学部卒業論文優秀賞(学部長賞)受賞
小熊啓介:言い訳の使用に関する研究
2014年度信州大学人文学部卒業論文優秀賞(学部長賞)受賞
矢島玲:SNS上における対人ストレス